ジオパノラマ


瞬間的な感動を味わうとして
触ることの出来ないジオラマのように
キレイなだけでなんの意味もない景色を
何故無理して心に残すのだろう

進む覚悟 終わる度胸 消え去った世界に 君の声 足音が 響いている

瞬間的絶望を味わったとして
部屋の中を写したパノラマのように
誰も見たくもない歪んだ景色は
それでも尚心に残るのだろう

はるか遠い記憶の昔話みたいな知ってるけど知らないようなその景色を
約束も破れない意気地無しな私は逃げも出来ずに眺めてるんだ

半透明のガラス越しに見えた世界は輝きが強すぎてぼやけて見える
届きそうで届かないその世界があまりにも懐かしくて嫌になるんだ

瞬間的な感動が無くなったとして
意味のない景色は無くなりはしないだろう
瞬間的な絶望が無くなったとして
目の前の景色は歪んだままだろう

はるか遠い記憶の自分自身みたいな知ってるけど知らないようなその景色を
約束も破れない意気地無しな私は何も出来ずに眺めてるんだ

夜の明かりが消える前に
君の笑顔が見れる時に
私が消えて無くなるまで あと少しだけ・・・

半透明のガラス越しに見えた世界は輝きが強すぎてぼやけて見える
届きそうで届かないその世界が
あまりにも眩しくて あまりにも楽しそうで あまりにも懐かしくて
嫌になるんだ
2015/11/01 08:26


過去の人へ。



拝啓「過去の人」 そちらはお元気でしょうか
精々その時間を楽しんでしまって欲しいと想うのです
万年循環する風景 青空は弾かれて
ネイビーな光景 飽き飽きしちゃっててもううんざりなんです

明るい太陽 まんまるお月様 雲が出てるかどうかとか
ありふれた興味 オトナな心とか どこか遠く 飾ってきた
ハイチーズ 魔法をかける言葉を
いつからか 使わなくなってしまった今の世界で

ああ いつだってさ あの時の私は笑ってるんだ
ああ 一枚の紙切れが私を悩ませるんだ
いつまでも あの時の私が捨てられなくて
また今日も 泣かないで 何故か笑ってるんだ

拝啓「過去の人」 お変わりは無いのでしょうか
どうかその異変を楽しんでしまって欲しいと想うのです

明るい太陽 三日月お月様 雪の降る季節だとか
ありふれた風景 マンネリな世界でも 縁を切りたくは無いと
ハイチーズ 自分にかけた魔法を
いつまでも 引きずって歩いてるだけの 劇場で

ああ いつだってさ あの時の私が見ているんだ
ああ いつだってさ 笑ってなきゃ 怒られてしまいそうなんだ
そんな感性が 唯一の 理由となっていた世界は
どうやっても青い空を 見せてはくれなくって

ああ いつの日か なんてものが無いことも知っていたんだ
ああ あの時の私自身が 今泣いているんだから
でもいつまでも あの時の私が捨てられなくて
また今日も 泣かないで 笑ってしまってるんだ
2015/11/01 08:26


eternal



Please let me close my eyes now,
and shout as long as you're quiet.
I sing alone without silence forever
since I lost all of my heart and something wrong.

in my eternal days...
in your eternal song...
2015/11/01 08:26


memories



意味のないdays 寒空の終わらないplace
愛おしいraise 手の届かないphantom world
もういなくなる千歩手前の感覚と
さあ騒ぎましょう 帰れないこと忘れて

意味不明なstays 消えゆく星々のlays
狂おしい怒りと悲しみを
存在しない有限性の fantastic world
無限に続く 御伽の国の向こう

記憶をなぞってパズルを解く
重なる時を恐れなくてもいい
終わりのない道を探す事が終わるまで
頭の中にあったメロディは

いつだって後悔と名付けたこの思い出すら
消し去って世界を彩っていた
僕らが過去として否定しても
現在となって見えているから

意味のないdays 土砂降りの終わらないplace
いとおしいlays 手の届かないphantom world
もういなくなる千歩手前の感覚と
さあ騒ぎましょう 帰れないこと忘れて

後悔と名付けたこの思い出すら
消し去って世界を彩っていた
僕らが過去として否定しても
現在となって見えているから

エンドレスな世界を創りだした神様を恨んだその先まで
僕らが未来さえも否定したらそこに何が残るだろう?
2015/11/01 08:26


In retrospect



I’m so happy いつも一人で
I know happy 何かを探して
Do you know happy? 歩きまわった
I don't know happy世界はまるで

I’m so happy私の声に
I know happy気付きもしないで
Do you know happy?楽しむように
I don't know happyくるくる回ってた
輝く世界にI’m so happy
手をフリ覗きこんでみたら
いつの日か叶うさ、I'm so happy

ああ そうだ 君のせいで
こんな場所すらも愛しくなって
いつだって忘れてた何かは
ああ なんだ 君だった…

ああ、あの夏の日を取り戻そうと
夢見てるけどまだまだ諦めなくたっていいかい?
君の声だって まだ 覚えてる ただ少しだけ
世界は 広そうだ

I’m so happy いつかのどこか
I know happy 何かを探してる
Do you know happy? 素振りを込めた
I don't know happy手のひら眺めて
モノクロの世界でI’m so happy
広げた翼が折れてからも
なんとなく覚えてた、be happy

サヨナラもまだ言ってないんだ…

ああ、あの夏の日を取り戻そうと夢見てるけど
心の中はいつかの日に腐りきってしまった


I’m so happy いつも一人だけ
I’m so happy 私は一人だけ

ああ なんで そんな笑顔で世界を見ていたのさ
後悔も 君の声も
届かなくなるその前に
煌めく世界にI’m so happy
手を振り覗きこんでみたら
笑ってくれたかな、I'm so happy

ああ、あの夏の日を取り戻そうと
夢見てたけどまだまだ諦めなちゃったっていいかい?
君の声だけ まだ覚えてる まだ少しだけ

ああ、あの夏の日がずっと眩しくって
夜にならないとまだまだ眠れそうにもないんだ
君の声だって まだ響いている あと少しだけ

2015/11/01 08:26